他社借り入れ1件〜3件でも審査に通りやすい消費者金融とは?

他社借り入れ1件〜3件でも審査に通りやすい消費者金融

他社借り入れ1件〜3件でも審査に通りやすい消費者金融を知りたい方に

消費者金融は他社借り入れが少なければ少ないほど審査が通りやすく有利です。

 

 

逆に他社借り入れが多くなれば多くなるほど返済能力が小さいと判断されて審査に通り難くなります。

 

 

 

また消費者金融の審査基準も会社によって異なり、許容できる他社借り入れ件数も業者によって変わってきます。

 

 

 

当然ですが審査が甘い消費者金融会社ほど他社借り入れ件数に寛大な審査をします。

 

 

 

では、他社借り入れ件数が1件〜3件程度の場合は、どこの消費者金融会社が通りやすいでしょうか?

 

 

 

 

(銀行系は?)

 

銀行系の消費者金融、銀行系のカードローン共に他社借り入れ1件〜3件程度ならばまだまだ借りれる余地はあります。

 

 

ただ、これも借りる人の属性次第で年収が少ない人や、フリーターなど収入安定性に不安がある人は他社借り入れ1件でも借りれない場合があります。

 

 

通常のサラリーマンならば、年収の3分の1の範囲で銀行系の消費者金融で借りれます。

 

 

また総量規制対象外の銀行カードローンの場合も、属性の高い人や収入が安定している人であれば年収の半分程度は借りれることがあります。

 

 

 

 

 

(信販系は?)

 

 

銀行系よりも審査が緩くて消費者金融系よりも審査がやや厳しい信販系の場合は、他社1件〜3件程度ならばまだ借りれる余地があります。

 

ただこれも属性と収入、過去の信用情報などを照らし合わせ、返済能力が低いと判断された人は他社借り入れ1件でも2件目は無いでしょう

 

 

 

 

(消費者金融系は?)

 

 

大手の消費者金融系は属性や収入次第で他社借り入れ1件〜3件は大丈夫です。

 

中堅、中小の場合も多少返済能力に不安のある人でも他社1件〜3件の人に小口で融資が可能なケースが多いです

 

 

 

 

 

以上、まとめますと・・・・他社借り入れ1件〜3件位ならば、大手、銀行系、信販系、中小など、どこの消費者金融会社も想定内であり許容範囲内のようです。

 

 

よほどヤバい人(ブラックの人、無職の人、やくざな人)出ない限り他社1件〜3件あっても借りれる消費者金融が大半です。

 

 

 

 

 

他社借り入れ1件〜3件の人で審査に通したい人は申し込み時に決して嘘をかかない事です。

 

 

他社1件〜3件程度ならばまだ審査に通るはずなのに「他社0件で借り入れはありません」と嘘の申請をすると通るはずの審査も通らなくなる場合があります。

 

 

他社借り入れ件数は個人信用情報機関にデータとして記録されており情報が業者間で共有されているので、これを消費者金融会社に照会されたらあっという間に嘘がばれてしまいます。

 

 

 

 

(総量規制も無視できない・・・)

 

 

あと、いくら他社借り入れが1件〜3件以内の人でも既に年収の3分の1まで借りている人は、新規の融資は通らないでしょう。

 

 

消費者金融業界には「総量規制」という法律があります。

 

 

「業者はお客に年収の3分の1を超える融資をしてはいけない」という法律です。

 

 

だから、あなたが年収の3分の1を超える融資を既に他社で受けている場合は残念ながら消費者金融業者は貸してくれません。

 

 

消費者金融業者も貸したくても法律を破ると罰則を受けるので貸せないのです。

 

 

 

あなたが現在、年収の何分の1を借りているのかを申し込む前にチェックしておきましょう!

関連ページ

他社借入3件〜4件でも審査が緩い消費者金融
他社借入3件〜4件でもOKの審査の緩い消費者金融をズバリ

ホーム RSS購読 サイトマップ