消費者金融の審査に通るための最低限やっておくべきコツ

消費者金融の審査に通るためのコツ

これをやっておけば消費者金融の審査が緩くなる?

消費者金融では審査に通らなければ意味がありません。

 

 

 

つまり審査が通らなければお金が借りれません。

 

審査が通ってナンボなのが消費者金融の世界。

 

 

 

では、お金を借りたい人が消費者金融に申し込む場合、具体的にどのように工夫したら審査が通りやすくなるのでしょうか?

 

どんな施策をすれば少しでも審査が緩くなるでしょうか?

 

 

今日は消費者金融の審査に少しでも緩くんnる方法、審査に通りやすくする方法などを解説します

 

 

 

(消費者金融の審査が緩くなるには?審査が通りやすくするには?)

 

 

もともと審査の緩い消費者金融を選ぶ

 

これは結構重要です。

 

自分の属性に合わない審査の渋い消費者金融を選ぶと審査に落ちて申し込みの手間と時間が無駄骨となる可能性が高いです

 

 

申込書(フォーム)の記入ミスをせずにしっかり書くこと

 

これは基本中の基本で当たり前のことですが大事です!

 

記入ミスは審査に落ちてしまいます

 

 

申込書(フォーム)の嘘記入は絶対にしないこと

 

特に年収、職場、他社の借入状況などの記入は嘘を書かずに正直に書いた方が良いです。

 

嘘は大抵ばれます(消費者金融会社が信用情報機関に照会するから)

 

嘘がバレると審査に一発で落ちます・・・。

 

 

窓口になるべく行って申し込む

 

古典的な方法ですが効果的です。

 

人情審査が期待できます。

 

インターネットでのコンピューター審査では落ちる人でも窓口の場合だと話を聞いてもらえて少額でも借りれる場合があります

 

 

窓口申し込みにいくときは服装をしっかり整えてからいく

 

窓口申し込み時は服装は清潔な格好で。

 

できれば背広などのしっかりした格好の方が印象が良いです。

 

だらしない格好だと審査に通らない場合があります。

 

 

在籍確認がしっかりつながる職場の電話番号を記入すること

 

在籍確認(職場電話)がつながらずに最後の最後で審査に落ちる人も多いです。

 

職場の連絡先は正確に、そして出来るだけつながる部署の番号を記入しましょう。

 

 

 

・・・・以上の事を気を使ってやれば消費者金融の審査が通りやすくなります

審査が少しでも通りやすくなる緩い消費者金融の特徴

消費者金融の審査にどうしても通したい方は出来るだけ審査の緩い業者に申し込むのはいうまでもありません。

 

 

しかし、一体どこの消費者金融が審査に通りやすいのかは素人目では分かりません。

 

 

一般的に大手や銀行系などの著名な消費者金融が審査が厳しめで、消費者金融会社の中堅や中小など規模が小さくなればなるほど審査がゆるくなり、通りやすくなるという認識を持つ素人の人が多いです

 

 

しかし、これは100%正しくはありません。

 

消費者金融会社は大手や銀行系でもそれほど審査が厳しいという訳ではありません。

 

 

 

アルバイトやパート、自営業者でも可能という大手や銀行系の消費者金融会社も多いのです。

 

ちなみに現在、大手の消費者金融会社に関しては全てが『アルバイト、パートでも可能』です。

 

 

 

逆に中堅、中小の消費者金融会社の場合、確かにブラックリストや多重債務者には審査が緩く小口で借りれるケースが多いですが、借りれる人達は「正規雇用者」のケースが多いです。

 

つまりアルバイトやパートなどの非正規雇用者には意外に審査が厳しくなることも多いのです。

 

 

 

だからこれから、消費者金融でお金を借りたい人は出来るだけ大手や銀行系から申し込みをした方が良いでしょう。

 

金利が安くて、使い勝手が良い大手や銀行系で借りれればそれが一番理想的なのですから・・・。

 

 

 

中堅や中小の業者は、どうしても大手や銀行系で借りれなかった人が最後に行きつく場所だとお考え下さい。

 

 

 

中堅、中小の激甘審査の消費者金融を選ぶポイントは「アルバイト、パートでもOK」と表記されている業者を選びましょう。

 

意外に「アルバイトやパートが不可」の業者が中堅、中小に多いからです。

 

 

関連ページ

消費者金融の審査に通りやすい人の特徴と共通点
実際に消費者金融の審査に通りやすい人ってどんな共通点があるのだろうか?
大手の消費者金融に通る人の特徴
出来れば大手の消費者金融で借りたいと思っている人はこちらをお読みください。

ホーム RSS購読 サイトマップ