大手の消費者金融に通る人はどんな人?

大手の消費者金融に通る人の特徴

大手の消費者金融の審査に通る人

消費者金融でお金を借りたいと思っている人はやはり最初は大手で借りたいと願っている事でしょう。

 

 

・・・・・ていうか、、大手の消費者金融しか知らない人も多いかもしれません。

 

テレビのコマーシャルなどで見かける大手は身近ですが、聞いたことの無い街金系の消費者金融は出来れば避けたいと思っている人も多いでしょう。

 

 

 

では大手の消費者金融で実際に審査に通る人はどれくらいの割合なのでしょう。

 

 

最近の大手4社の審査通過率のデーターを見たところだいたい『半々』の人が審査に通っております。

 

 

つまり合格率は40%半ばから〜50%位

 

 

 

半分が審査に通り、半分が審査に落ちているという計算になります。

 

 

 

では、実際に消費者金融の審査に通る半分の人ってどんなタイプの人でしょう。

 

大手の消費者金融の審査に通る人の特徴を解説します

 

 

 

大手消費者金融の審査に通る50%の人の特徴

 

 

1)正社員勤務のサラリーマンが多い

 

パートやアルバイトでも大手の消費者金融で借りれます。

 

しかし、圧倒的に審査に通っているのはやはり正社員などの正規雇用者が多いですね。

 

 

消費者金融会社は審査時に本人の収入安定性を最も重要視します。

 

 

 

2)他社の借入が無い

 

他社借入が多くなると消費者金融の審査は不利となります。

 

これは大手に限らず中小でも同じです。

 

 

総量規制に該当するくらいの融資を受けてしまうと、どこに行っても借りれません。

 

総量規制に該当する融資とは「年収の3分の1を超える融資」です

 

 

 

3)過去の信用情報にキズが無い

 

過去にブラックリストになっていると大手の消費者金融の審査は難しくなります。

 

ローンやクレジットで破産歴、債務整理歴が5年以内にある人、3ヶ月以上の延滞をしている人、していた人も大手での審査は厳しいものとなります。

 

 

 

4)在籍確認がしっかり取れている

 

消費者金融の審査に申し込むと職場に在籍確認の電話が個人名でかかってきます。

 

その在籍確認が取れないと審査に通ることができません。

 

消費者金融の審査では在籍確認は最後の関門といえます。

 

 

 

5)申込書(申し込みフォーム)は正直に間違いなく書いている

 

現在の借入額や職業、年収、その他の個人情報に嘘がバレると審査に落ちてしまいます。

 

申込書は正確かつ正直に書いた方が審査が通りやすいというのが、この業界のセオリーといえます。

 

 

6)最近の3ヶ月以内に他社の消費者金融やクレジットカードに4社以上申し込みをしたい無い事

 

短期間でのローンやクレジットの連続申し込みは個人信用情報機関にカウントされております。

 

消費者金融会社は審査時にこの個人信用情報機関を確認しております。

 

短期間の申し込みが多いのが発覚すると審査に不利となります。

 

なぜなら、短期間に一気に借りて夜逃げする人が多いからです。

 

 

 

 

以上、大手の消費者金融で審査に通っている人は1〜6に当てはまる人が多い。

 

逆に一つでも欠けていると審査に通らない場合があります。

 

 

これが大手で最低限審査に通るタイプの人でしょう。

 

関連ページ

消費者金融の審査に通るためのコツ
審査に通るためには具体的にどのような工夫をしたらいいのか?最低限やっておくべきことは?
消費者金融の審査に通りやすい人の特徴と共通点
実際に消費者金融の審査に通りやすい人ってどんな共通点があるのだろうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ