審査基準が緩い消費者金融の一覧

審査基準が緩い消費者金融

審査基準の緩い消費者金融ってどんな融資先か?

昔も今も消費者金融の需要はなくなりません。

 

 

日本でもアメリカでも他の国でも・・・・

 

 

それだけ『借金』というのは我々にとっては根強いモノであり得体のしれないモノである事はいうまでもありません・・・・。

 

 

その「借金」という得体のしれないモノに依存し、頼りにし、借り求めるのが人間の因果なのでしょう。

 

 

そしてお金を借りたい人は「なんとしても借りたい!」という気持ちが強い。

 

 

それだけに消費者金融の審査に落とされた時の落胆はかなりのものです。

 

 

あなたも経験があるかもしれません。

 

「ここで絶対お金を借りたい!!」・・・・・と思っていた消費者金融に見事審査に落とされてガックリきた経験が・・・。

 

 

私もあります!

 

 

 

そんな気持ちを持って消費者金融を借り求めるわけですから「審査の緩い消費者金融」は、どうしてもお金を借りたい人にとっては非常に貴重な存在であることはいうまでもありません。

 

 

さて、では実際に審査基準の緩い消費者金融って一体どんな金融なのか?

 

 

 

 

ここでは、誰にでもお金を貸すいわゆる「違法金融」や「闇金」は除外しております。

 

あくまでも合法であり正規の消費者金融の範囲内で「審査基準の緩い消費者金融」について語っていきたいと思っています。

 

 

 

簡単に一言で言い表すと・・・・・・・審査基準の緩い消費者金融とは⇒審査の甘い消費者金融=審査の通りやすい消費者金融=お金が借りやすい消費者金融ということになります

 

 

これは古今東西かわらない定義であります。

 

消費者金融の審査でなかなか借りれない人の例

消費者金融でお金が借りれない人ってどんな人だろう?

 

 

一般的に普通の消費者金融会社や銀行や他のローンで借りれなかった人が審査基準の緩い消費者金融に流れ着くわけです。

 

だから一クセも二クセもある人であることは間違いありません

 

 

例をあげると・・・・・・

 

 

1)ブラックリストな人(破産歴や債務整理歴、長期延滞歴がある人)

 

昔も今もブラックリスト者には消費者金融は冷たいです。。

 

ブラックでも借りれる人もたまにいますが全体的には少ないです

 

 

2)多重債務の人(他社借入件数が4件〜6件以上)

 

他社借入が多ければ多いほど不利となります

 

お金を貸す立場である消費者金融会社も多重債務者にお金を貸すことは貸し倒れリスクにつながるからです

 

 

3)短期間に連続して消費者金融に申し込んでいる人(3ヶ月以内に4件以上)

 

短期間の消費者金融の連続申し込みは昔から審査に不利です

 

「よほどお金に困っている質の悪い客」と推測されるからです。

 

 

4)無職、無収入の人

 

もはや問題外と言ってよいでしょう。

 

消費者金融会社は返済能力の無い人間には絶対お金を貸しません。

 

 

5)勤続年数が短い人

 

消費者金融会社は「お客の収入の安定性」を重視します。

 

従って収入安定性の欠ける人間には慎重な審査をします。

 

勤続年数の長さは収入安定性に比例するものです。

 

 

 

6)定住していない人

 

ネットカフェ難民やカプセルホテル、ホームレスの人間など定住を持たない人間に消費者金融はお金を貸しません。

 

またアパートやマンションなどの賃貸に住んでいる人でも居住年数が短い人は審査が不利です。

 

お金を借りたまま夜逃げするリスクがあるからです。

 

 

 

以上、上記に当てはまる人は消費者金融でお金を借りるのは困難です。

 

審査基準の緩い消費者金融を選んでも審査に通らない場合が多いことはいうまでもありません。

 

 

 

だから、いくら審査基準が緩い消費者金融といえども「誰でも借りれる」という過度な期待は禁物です!

 

審査基準の緩い消費者金融の特徴は?

では審査基準の緩い消費者金融の例や特徴、共通点などを取り上げてみます。

 

 

(審査基準の緩い消費者金融の特徴は?)

 

1)公式ホームページに「アルバイト」、「パート」でも可能と表記されている

 

非正規雇用者でも借りれる消費者金融はそれだけ審査基準が緩いと言えます

 

 

2)公式ホームページに「自己破産した方、債務整理した方もご相談下さい」と表記されている

 

自己破産や債務整理をした人でも融資の可能性の道を開いてくれる業者は審査が甘いです

 

 

3)金利が割高であること(利息制限法の上限ギリギリの金利を設定している業者)

 

一般的に消費者金融の審査基準と金利の高さは比例します。

 

金利が高ければ高いほど審査が甘くなる傾向があります(貸し倒れリスク軽減のため金利を高くする業者が多い)

 

 

4)限度額が少な目の小口融資の業者

 

一般的に限度額が小口になればなるほど審査基準が甘くなる消費者金融業者が多い

 

限度額と審査基準は比例することが多い

 

 

5)学生ローンなどの融資サービスも行っている

 

学生にも融資をしてくれる学生ローンのサービスを行っている消費者金融は昔から審査が緩い事が多い

 

 

6)口コミ評判で「審査が甘い」言われている事が多い業者

 

口コミ情報や2chなどで話題になっている業者は審査が緩い事が多い

 

 

7)対面審査、窓口融資をメインに行っている

 

 

昔ながらの対面審査を行っている業者は全体的に審査基準が緩い

 

 

・・・・・だいたい上記の1〜7の中で3つか4つくらい当てはまる消費者金融業者は審査が甘い事が多いです。

 

 

これらの業者は主に地元密着で営業している地場の消費者金融が多いですね。

 

注意点としては、知名度が少なく会社名も聞いたことが無い業者が多いので闇金と間違わない事です。

 

登録番号がしっかりされている合法業者を選びましょう。

審査の緩い消費者金融のメリット

では、万人向けのお金が借りやすい審査の緩い消費者金融のメリットについて取り上げてみます

 

 

どうしてもお金を借りたい人にとっては審査の緩い消費者金融は全てがメリットに見えるかもしれません(笑)

 

 

 

審査の緩い消費者金融のメリット

 

1)幅広い職業の人がお金を借りれる

 

※アルバイトやパート、自営業、派遣社員、契約社員、フリーランスなど色々な職業の人が借りれます。

 

ただ専業主婦や無職の人、20歳未満の人、高齢者の人は融資は難しいです

 

 

2)申し込み手続きや審査が簡単であること

 

※簡単な手続き、本人確認書類(免許証など)と収入証明書を用意すればあとは審査結果を待つだけです。

 

審査も30分〜60分程度でおわります

 

 

3)即日融資がほとんど

 

※最近では即日の融資が当たり前となりました。

 

銀行営業時間内に審査が終わればその日にお金を借りれる事が多いです

 

 

4)担保・保証人が不要であること

 

※住宅ローンやマイカーローン、その他のローンとは違いフリーローンである消費者金融は担保や保証人は基本的に不要です

 

 

5)秘匿性・こっそり借りれる

 

家族や職場にバレずにコッソリとお金が借りれるのが消費者金融です。こっそりと借りて賢く使いましょう!

 

審査の緩い消費者金融のデメリット


ホーム RSS購読 サイトマップ